そうろうと言われてもう半年!相手を見返して喜ばす手段は早漏防止薬

そうろう?なにそれ?きになるそうろう。

もしあなたがSEXで女性が満足する前に毎回のように発射していたら、、、それはまちがいなくそうろうです。
決まった定義があるわけではありませんが、一般的には挿入して3分以内に発射してしまうか、女性が満足する前に発射してしまうことを指します。
女性が満足する前にといったあいまいな状態ではわからないと感じている人は、その時点でもうアウトではないでしょうか?
では、もし自分がそうろうである場合はどのような対処法があるのでしょうか?
じつは世界でも発射に関して悩んでる人は多く、対処法も考えられています。
その一つが早漏防止薬というものです。服用するタイプの経口治療薬と、塗るタイプなどの概要治療薬療法存在しています。
まず服用するタイプの早漏防止薬ですが、ダポキセチンという成分が含まれているものがほとんどです。
ダポキセチンとは、脳に作用し不安感や、焦りを抑えリラックスさせるはたらきがあります。元々SSRIという抗うつ剤に使用されていたのですが、使用していた患者から射精に時間がかかるようになったなどの報告を受け、早漏改善に効果的なのではないかと再研究に至ったわけです。
男性は性的な刺激プラス興奮を発射に必要としますが、その興奮が必要以上に激しいものや焦りなどから発射がコントロールでなきなくなってしまいそうろうにいたってしまうのです。
そこでダポキセチンを摂取することによってSEX時に必要以上に感じてしまう、興奮や焦りを抑えコントロールすることが可能となるのです。
そして外用治療薬としている早漏防止薬はリドカインという局部麻酔です。
局部麻酔は、求めている部分だけ作用してくれるので、男性の性器に直接塗ることで刺激を感じさせなくしてくれます。
刺激が脳に届かないと発射にも至らないので、早漏改善にぴったりということになります。
もちろん最終的には発射できるので、その点は安心して使用することが出来ます。
早漏改善方法はもちろん治療薬を使わなくてもできる方法もありますが、治療薬を使用することによって確実で即効性を得ることが出来るのです。
治療薬を使い女性を満足させることが出来るようになれば、自分自身にも自信がつき治療薬がなくても満足させることが出来るでしょう。

メニュー